マッサージの特徴

エステにはこのように、美にまつわるケアを行っていく傾向がありますが、反対にマッサージには、このような特徴があると言えるでしょう。

まず初めに、マッサージは基本的に、疲れを取るための目的や、体の調子を整えるために効果を表すケア方法として知られています。あくまで体調管理の一環として行われるのがマッサージの特徴と言えますので、エステのような痩身マッサージを期待しているという方は、マッサージ店では不向きと言えるでしょう。

マッサージは主に、リンパマッサージや筋肉のコリをほぐすマッサージ、足つぼマッサージ、体のゆがみを取る整体マッサージなど、体の調子を整えて、マッサージ後に元気に過ごすことが出来る体を手に入れるために行われるとして知られています。エステに比べるとお値段もお手頃なことが多く、一度の施術で30分1000円前後で行われる店舗もあります。

マッサージ後に血流が良くなり、フェイスラインや体のラインがすっきりとすることもありますが、あくまでそれは体の巡りが良くなったことによって起きる副産物ですので、エステの本場痩身に比べると、やはり効果が薄いと言えるでしょう。エステのマッサージと一緒のものではないということを頭に入れておきましょう。